Information
Empowerment Consulting Co.,Ltd

Blog 営業支援BLOG

何によって覚えられたいか−僕を叩き起こしてくれた問い−

 

社会人1年目のことです。

 

 

もしその頃に戻れるならば、当時の自分の仕事への取組方や諸々、改善したい所だらけです。

 

今の自分がメンターにつけば、かなり厳しい指導を喰らわせることは容易に想像できます。

 

ただ、1点だけ、ちょっとだけですが褒めてやりたい出来事がありました。

 

 

当時の僕は、フィールドセールスの担当をしていて、

 

インサイドセールス部隊の先輩(Aさんとします)が調整してくれた

 

アポ先(新規のお客様)に行くことになりました。

 

 

そこで一通りの提案をして、まぁ普段通りというか、自分としては通常運転の感じです。

 

 

それから数日後、検討状況をフォローしようと思い、お客様にTELしました。

 

 


 

僕  :「先日はありがとうございました。その後のご検討状況はいかがでしょうか?」

 

 

お客様:「あー、Aさんですか?対応してくれた野呂さん(僕)って人なんですが・・・」

 

   →お客様が、僕からの連絡ではなく、アポを調整してくれた先輩Aさんだと思って話されます。

 

    ちょっと訂正するタイミングを逃してしまい、そのままお話を聞くと・・・

 

 

お客様:「あの人、ダメですね・・・」

 

 

 

僕  :「(うぉ・・・、怒られてるやん。。クレームや。。。)

 

     どうされましたか?何か失礼や至らない点がありましたでしょうか?」

 

   →やっちゃってるな、と思いつつ、Aさんのフリをして電話を続けます

 

 

お客様:「商品に自信があるのはいいんでしょうけど、態度が偉そうなんですよね。。。

 

     買いたいなら買えば?みたいなニュアンスで、ちょっと営業としてはどうなんですか?」

 

 

僕  :「(もう今更、名乗れないよなぁ・・・)

     それは大変申し訳ありませんでした。よく言ってきかせます。失礼しました!」

 

   →と、Aさんのフリをしたまま電話を切りました・・・

 


 

 

正直、思い当たる節もバリバリあるので「失敗したなぁ」「申し訳ないなぁ」と反省しました。

 

この経験から、

 

これからは、営業としてお客様の不快にならないように、もっと低姿勢で望まなきゃな・・・

 

 

とは、全く思わなかったのです。

 

 

僕はこの出来事を、こう捉えました。

 

 

・問題は、態度が偉そうなことではなく、態度と実際(提案)が釣り合っていなかったこと

 

偉そうだと思われない為には、本当に偉く(できるように)なればいいんじゃないか

 

自分がやろうとしていることに、やっていることが追いついていないことが問題なんだ

 

 

この発想ができたことは、ちょと褒めてあげたいです。

 

 

これが、自分の仕事の在り方を見直す大きなきっかけになりました。

 

 

ちょうどこの頃、ピーター・ドラッカーの「非営利組織の経営」という本を読んでおり、

 

そこにこんな一節がありました。

 


 

「私が十三歳のとき、宗教の先生が、何によって憶えられたいかねと聞いた

 

 誰も答えられなかった。すると、今答えられると思って聞いたわけではない。

 

 でも五〇になっても答えられなければ、人生を無駄に過ごしたことになるよといった」

 

「今日でも私は、この問い、何によって憶えられたいかを自らに問いかけている

 

 これは、自己刷新を促す問いである。自分自身を若干違う人間として、

 

 しかしなりうる人間として見るよう、仕向けてくれる問いである。」  

 


 

 

この日、僕は自分に問うたのです。

 

 

お客様・クライアントに、何によって覚えられたいか(どう思われたいか)

 

 

その理想の姿は、低姿勢でお願いして買って頂くような営業ではなく、

 

もっと自信を持って成果に貢献できているイメージでした。

 

 

それからは「じゃあその為には、何をどうするべきか?」を考え易くなったと感じています。

 

 

この発想、マインドセットは非常に重要だと思っているので、詳しくは

 

ブログ:成長する営業パーソンのマインドセット(https://emp-consul.com/archives/510

 

を参考にして下さい。

 

 

貴社(貴方)は顧客に、何によって憶えられたいか

 

 

是非、問いかけてみて下さい。

 

 

Pocket