Information
Empowerment Consulting Co.,Ltd

Blog 営業支援BLOG

マンネリを打破するマインドセット−仕事に適度な挑戦を−

「マンネリ」って「マンネリズム(mannerism)」の略らしいです。

 

英語なんですね・・・

 

「思考・行動などがワンパターン化(定型化)し、新鮮さがなくなること」

 

という意味として、使われる言葉です。

 

 

この「マンネリ」はどこかでやってきます

 

 

出来なかったことが出来るようになるから、その後マンネリ化する、というプロセスを考えると、

 

この現象自体が悪いわけではなく、むしろ成長の証(結果)という感じもしますが、

 

あまりポジティブな言葉としては使われないですよね。

 

 

僕は、仕事をしていく上で、自身の経験からも多少ストレスがかかったとしても

 

ある程度でも、挑戦している状態

 

に身を置くことが、マンネリを感じることなく、成果に繋がる環境であると思っています。

 

 

『フロー体験 喜びの現象学』(著者:M.チクセントミハイ)という書籍の中に、

 

フロー“という概念が出てきます。

 


一つの活動に深く没入しているので、他の何ものも問題とならなくなる状態。

 

その経験それ自体が非常に楽しいので、純粋にそれをするということのために、

 

多くの時間や労力を費やすような状態。


 

と定義されています。

 

 

このフローを感じようと思うと、下図の(A1)か(A4)の状態でいる必要があります。

 

 

最初はフローを感じていても(A1)、自分の能力が上がっていくにつれ(A2)、

 

退屈=マンネリ を感じてしまいます。

 

なので、どこかで挑戦しなければなりません(A4)。

 

 

最初はフローを感じていても(A1)、新しいことに挑戦すれば、不安でストレスも感じます(A3)。

 

が、自分の能力が上がれば、それを楽しめる状態に持っていけるのです(A4)。

 

 

なので、自分の仕事に“挑戦“を取り入れよう!という話なのですが・・・・

 

 

色々なことを経験すると、この挑戦に及び腰になることが多々ありますよね。

 

挑戦したことがうまくいく(結果につながる)とは限らないし、何かを変えるって単純に面倒くさいし。

 

 

そんな時僕は、漫画ワンピースのゾロのある話を思い出すようにしています。

 

この話(件)が、一番のお気に入りです(ワンピースよく知らない人は、すみません)

※以下、出典:『ONE PIECE vol.21』第193話 理想郷 より

 


ロロノア・ゾロという、剣豪(剣を使って戦う)のキャラクターがいます。

 

ある強敵と戦うのですが、その敵が“全身刃物人間“で、体が「鉄」でできています。

 

ゾロも強いのですが「鉄」は斬れないので、このままじゃ勝てないなぁ・・となります。

 

そのシーンで、ゾロはこう言います。

 

「こういう境地を俺は待っていた。

 

 そろそろ、もう一段階強くなりたいと燻ってたところさ」

 

 


 

 

・・・・・めちゃめちゃカッコ良くないでしょうか。

 

このマインドセット。

 

挑戦する環境に身を置いた際、成功するイメージを明確にもち、その姿に自分自身、ワクワクすること

 

この姿勢が、仕事に取り組む上でも、非常に大切だと思います。

 

挑戦する環境・機会を創っていきましょう。

 

 

Pocket