Information
Empowerment Consulting Co.,Ltd

Blog 営業支援BLOG

“継続は力なり“を改めて考えてみる

“継続は力なり“ という格言があります。

 

年度が変わり、新たなことを初めよう、強化しよう、

 

そしてそれをちゃんと「継続」しよう、と決意している人も多いと思います。

 

 

では、この「継続」がどれくらいの「力」になるのかを考えてみたいと思います。

 

 

※下記、書籍『ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣  』からの引用(一部加筆修正)です。

 因みに、この本は凄く面白いのでオススメです。

 


 

昨日まで「1」だった力が、今日1%強化されると、1✖️1.01=1.01

 

翌日「1.01」になった力を、さらに1%強化したとすると、1.01✖️1.01=1.0201

 

1年365日継続できれば、1.01の365乗=37.78・・・

 

 

つまり、1日1%の改善を1年続ければ、約38倍の大きな力になる!!

 


 

という、ことです。

 

やはり、継続は大事(=本当に力になる)なのです。

 

継続して取り組むことをモチベートしてくれる情報ではないでしょうか。

 

 

僕はセミナーなどに登壇させてもらうことも多いのですが、

 

オープンな場ではここまでです。

 

 

個別クライアント企業様に向けては、

 

ちょっと厳しいことも言わないといけないことがあるので、

 

この話に、ちょっと続きを付け足します。

 

 

漫画「はじめの一歩」をご存知ですか?

 

プロボクシングの世界を描いたスポーツ漫画ですが、

指導者の鴨川会長という人が、ジムのボクサー(教え子達)を指導する一節です。

 

※以下、出典:『はじめの一歩』89巻「Round856:積み重ねる道」より

 


 

1%の改善の継続は、当然プラスを産みます(=強くなれる)

 

ただ、その逆もあるというのです。

 


 

どういうことかと言うと、

 

−1%を継続してしまう可能性もあるし、

 

自分が強くなっていない時間(期間)に相手が強くなれば、

 

相対的に自分は弱くなったことになってしまいます。

 

 

マイナスやゼロを積み重ねてはいけない、というのです。

 

 

その為に「漫然と日々を過ごすな」と鴨川会長は言っています。

 

 

目的は、特定の行動・アクションを「継続」させることではなく、

 

1%の改善を「継続」させることです。

 

 

その為には、

 

行動・アクションを増やさなければいけないこともあれば、

 

その方法自体を変えることも必要になるでしょう。

 

 

 

それを常に考えて行動する」ことが必要であると教えてくれています

 

 

 

まぁ、こんなことを年度初めに改めて考えている時点で、当然僕も思うようにはできていないのです。

 

一緒に頑張りましょう。

 

因みに、鴨川会長はめちゃめちゃ怖いです・・・

 

Pocket