Information
Empowerment Consulting Co.,Ltd

Blog 営業支援BLOG

競争は進化の手段−レッドクイーン理論とシフゾウ現象−

“その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない”

 

 

 

 

ルイス・キャロル著『鏡の国のアリス』に出てくる、

 

赤の女王という登場人物のセリフです。

 

 

このセリフをアナロジーに用いた、レッドクイーン理論をご存じでしょうか。

 

 

 

ビジネスのセオリーは、競合他社と差別化し、

 

如何に戦わない領域を創るか?ですが、レッドクイーン理論では、

 

競い合う存在(ライバル)こそが成長の源泉であると教えてくれます。

 

 

 

生存競争による“共進化“というコンセプトが基になっています。

 

 

 

イタチがネズミを捕食する為に、追いかけている場面を想像して下さい。

 

 

 

 

ネズミは当然、必死に走って逃げますが、

 

イタチも食べられなければ餓死しますので、必死に追いかけます。

 

 

この時、仮にネズミの足がイタチより少し遅く、多くイタチに捕食されてしまうとします。

 

 

このままでは、ネズミは全滅です。

 

 

ドラえもんには好ましい世界線ですが、そうはなりません。

 

 

やがて、イタチより速く走れるように進化した(できた)ネズミが出てくると、

 

そのネズミはイタチから逃げ切り、生き延びます。

 

 

そうすると、今度は足が速いネズミが増えるので、イタチが捕食できなくなります。

 

 

イタチが飢えて、やがて全滅です。

 

 

ガンバの冒険的には好ましい世界線ですが、そうはなりません。

 

 

やがて、更に足が速く進化した(できた)イタチが現れ、ネズミを再び捕食します。

 

 

すると今度は更に速くなったイタチから逃げるべく、ネズミの足も更に速くなり・・・。

 

 

 

自分が全力で走っていも、競争相手も全力で走っているのであれば、

 

相対的にそれは「現状維持」に過ぎません。

 

 

相手より速く走りたいのならば、どこかで「進化」しなければなりません。

 

 

しかし、皮肉にもそれは競争相手の進化をも促します。

 

 

そして相手の進化は、さらに自分自身の進化に繋がる。

 

 

これが共進化です。

 

 

イタチごっこを成立させるには、お互いの進化が必要なのです。

 

 

生物進化学では、捕食関係にある生物種同士が競い合って進化し合う

 

この循環をレッドクイーン効果と呼びます。

 

 

レッドクイーン理論は、

 

企業間の競争こそ、進化(企業の競争力強化)の源泉である

 

という視座を与えてくれます。

 

 

少年漫画のライバルよろしく、競い合う相手は必要なのです。

 

 

 

しかし、この競争による共進化には、重大な落とし穴があります。

 

 

それは、競争相手だけをベンチーマークし、

 

競争そのもの(競争相手に勝つこと)を目的化してしまうことです。

 

 

そうすると、市場環境が変化し、別の競争環境で戦うことになったり、

 

新たなプレイヤーが現れた時に、生存できる力を失ってしまいます。

 

 

重要なことは、ライバルとの競争を進化の手段として捉えることです。

 

 

目的とすべきは、自身・自社のビジョンを実現することです。

 

 

ライバルとの競争を成長・進化する機会と捉え、

 

重要視しつつも、それ(ライバルに勝つこと)だけを目指さないこと。

 

 

 

それが、レッドクイーン理論の活かし方ではないでしょうか。

 

 

 

追記)

 

競合先ばかりを見ていると、他社と何が違うか?に論点が偏ってしまい、

 

肝心の顧客に訴求したいポイントがブレてしまいます。

 

 

これをシフゾウ現象と呼びます(僕が勝手に提唱しています)。

 

 

 

このシフゾウ(四不像と書きます)、

 

角がシカ、頸部がラクダ、蹄がウシ、尾がロバに似ているが、

 

そのどれでもないと考えられたことが名前の由来です。

 

 

自分のアイディンティを他者に委ねすぎですwww

 

 

もっと自分を大切にしろwww

 

 

 

まぁシフゾウが悪いわけではなく、命名した人が悪いのですが・・・

 

 

差別化戦略については、下記を参照して下さい。

 

▼顧客に選ばれる為の営業差別化戦略

 

シフゾウを反面教師に。。。

 

Pocket