Information
Empowerment Consulting Co.,Ltd

Blog 営業支援BLOG

自己ベストと競う‐目標ラインの設定-

オリンピックのTV中継などで目にする、世界記録のラインがあります。

 

 

水泳だと水面に世界記録を示すラインが表示され、泳ぐ選手と共に移動表示されます。

 

 

 

 

ご覧になられたことがありますか?

 

 

僕は、この仕組みを考えた人は、めちゃめちゃ賢いと思います。

 

 

視聴者からすれば「記録更新なるか!?」というドキドキが加速され、力も入ります。

 

 

素晴らしいアイデアです。

 

 

 

ちょっと調べてみると、2001年に福岡で開催された、

 

第9回世界水泳選手権大会の中継で、テレビ朝日が始めたようです。

 

 

ファインプレーです。

 

 

同大会のテーマソングをB’z の「ultra soul」にしたことと同じ位、ファインプレーです。

 

 

 

仕事をするうえでも、この様な“目標とするライン”を持つことで

 

パフォーマンスの向上が期待できます

 

 

 

では、何を“目標ライン”にするべきでしょうか?

 

 

 

ひとつの案が“自己ベスト”です。

 

 

これまで自分が一番頑張れた、または調子が良かった時のパフォーマンス値を

 

越えられるようにすることです。

 

 

売上/粗利、受注件数の様な結果指標しかり、

 

案件数や提案数、活動量などの先行指標を設定しても有効です。

 

 

 

ポイントは、自己“ベスト”です。

 

 

 

平均値では、ダメなのです。

 

 

 

酒井穣さんという方の言葉ですが、僕が非常に共感するフレーズがあります。

 

 

 

ライバルは、“努力すれば、そうなれたかもしれない自分”

 

 

 

自己ベストとは、恐らくちゃんと努力できた過去の自分です。

 

 

 

そいつと戦い、越えていきましょう。

 

 

 

 

実はこの考え方が、既に実装されているシクミがあります。

 

 

 

マリオカートです。

 

 

 

 

 

 

1992年に任天堂が開発・発売した、ゲームソフトです。

 

 

マリオたちがレーシングカート風の乗り物に乗り込み、

 

マリオシリーズの世界観をモチーフにした多彩なコースで速さを競います。

 

 

 

このマリオカートに「ゴースト」という機能があります。

 

 

 

ひとりでタイムアタックするモードがあるのですが、

 

自分のベストタイムが記録されており、

 

ゴーストというキャラクターとなり、一緒にレースすることができます。

 

 

 

 

正に、自己ベストと戦える機能です。

 

 

因みに最近のシリーズでは、

 

ネットに繋がることで、

 

手練れのプレイヤーの記録をゴーストとして対戦することもできます。

 

 

 

自己ベストの次は、

 

社内や業界のベストプラクティスを目標ラインとするイメージでしょうか?

 

 

 

仕事にも使えそうな視点です。

 

 

 

ちょっとシステム化を考えてみます。

 

 

 

そんなことより、マリカーしたくなってきました・・・

 

 

 

追記)

 

関連して、目標を認識する/意識することの重要性は、

 

流れ星理論として纏めていますので、こちらも参考にして下さい。

 

流れ星理論とは?

 

 

 

また、ライバルの存在がどのような効果を生むのかについては、

 

レッドクイーン理論を元に纏めていますので、こちらも参考にして下さい。

 

レッドクイーン理論とは?

 

Pocket