Information
Empowerment Consulting Co.,Ltd

Blog 営業支援BLOG

流れ星理論-営業における目標の記憶化と達成率の相関-

「流れ星理論」をご存知でしょうか。

 

 

10年以上前だと思いますが、福山雅治さんがラジオで言ってたそうです。

 

 

要約すると、

 


 

流れ星を見た時に3回願い事を言えば叶う、っていうのは正しい。

 

流れ星を見た瞬間に願い事を言えるというのは、

 

常日頃そのことを考えているということ。

 

朝起きてから寝るまで、そのことを考え続けていると、

 

願い事っていうのは成就していく。

 


 

という感じの話です。

 

 

さすが、福山雅治・・・

 

言うことまで男前だとは・・・

 

 

 

僕が営業マネジメント上、絶対にやった方(させた方)が良いと思うことがあります。

 

 

それは、目標・予算を暗記する(させる)ことです。

 

 

「今月の予算は?」

 

と質問して、即答できないのは、もうダメだと思います。

 

 

「予算は●●で、現状■■なので、あと▲▲です」

 

と即答できるべきです。

 

 

目標を即答できないのは、言わば「願えていない」のです。

 

 

であれば、それが叶う確率も当然落ちるのは確実でしょう。

 

 

僕はこの「流れ星理論」を知ってから、

 

とりあえず予算は暗記することにしました。

 

 

現状の達成状況は変動するので、

 

毎日確認して把握できるようにしました。

 

 

管理職になっても同じです。

 

 

チームの予算を暗記し、

 

達成状況は日々把握できるようにし、

 

メンバーには、自分の予算を即答できることを求めました。

 

 

それは、当たり前の姿勢だと思うのです。

 

 

KPI(Key Performance Indicator)の運用も一緒です。

 

 

目標値を暗記して即答できないのであれば、

 

残念ながらあまり意味ないです。

 

 

少なくとも、浸透して意識される状態にはありません。

 

 

KPI自体を減らして(絞って)みるか、確実に暗記することを求めて下さい。

 

 

 

目標の記憶化と達成率は、確実に正の相関があります

 

 

「願えば叶う」

 

と無責任に言いたい訳ではなく、

 

「願う」は「叶える」為の必要条件なので、

 

リソースを割いてでも、取組むべきだと思っています。

 

 

 

目標・予算・KPI を暗記しておきましょう

 

 

「今月の目標値は?予算は?」

 

自分自身に、チームのメンバーに聞いてみましょう。

 

 

 

流れ星を見た時に、対応できるように。

 

 

 

補足)

 

因みに、調べてみたら流れ星を視認できる時間は、通常1秒前後らしいです。

 

これを考えた人は、願うだけで叶う程世の中甘くない・・・

 

と言いたかったのかもしれません。。。。

 

Pocket