Information
Empowerment Consulting Co.,Ltd

Blog 営業支援BLOG

トリビアの泉理論−営業トークは使ってみないと身につかない−

・先輩のあの説明の仕方、いい感じだな・・・

 

・同行した上司のお客様への質問の返答の仕方、納得されてたな・・・

 

・この時事ニュースとうちの製品を関連づけると、面白そうだな・・・

 

といった気づきを、営業パーソンは日々得ています。

 

ただ、これらのノウハウ・アイデアは、使わない限り身につきません。

 

絶対に。。。。

 

 

「トリビアの泉」というテレビ番組を覚えていますか?

 

 

 

 

2002年秋〜放送されていた、雑学バライティです。「ヘェ〜」のやつです。

 

因みに、お気に入りの「トリビア」は何ですか?

 

結構見ていたはずなのに、パッと出てこないのではないでしょうか。

 

 

僕の一押しは「マリモは、人工的に手で丸められている」というトリビアです。

 

 

実際に丸い形の藻は存在するのですが、お土産で売っている、小瓶に入っている様なマリモは、

 

工場でおばちゃんが手で丸めて作っているらしいです・・・

 

 

なぜ僕がこのトリビアを覚えているか?

 

高校2年生の修学旅行が北海道だったのですが、ちょうど数日前にこのトリビアを知っており、

 

お土産を見ている同級生の女子グループに、意気揚々と話しかけました。

 

「知ってる?このマリモって、おばちゃんが手で丸めてんねんで」

 

結構ウケました。嬉しかったことを今でも覚えています。

 

 

普段ならその場で面白い、と思っただけで忘れていってしまう雑学でも、

 

一度アウトプット(人に話す)したことで、記憶に残り、ストックされるのです。

 

これを「トリビアの泉理論」と勝手に呼んでいます。

 

 

営業活動も一緒です。

 

この説明の仕方良いな、この話使えるな、と思ったとしたら、すぐに使わなければ身につきません。

 

幸い、営業という仕事は、アウトプットする機会が非常に多いです。

 

その機会を活かしましょう。

 

仕入れたトーク、ネタはすぐに使って自分のモノにする!

 

実践してみて下さい。

 

Pocket