Information
Empowerment Consulting Co.,Ltd

Blog 営業支援BLOG

バッファロー理論−能動的に仕事に取組むマインドセット−

仕事を進めていく上で、どうしても“面倒くさいこと”は発生します。

 

 

この場合の“面倒くさいこと”は、付加価値の低い付帯業務ということもあれば、

 

気乗りしないハードな仕事・ハードルの高い仕事、組織からの指示、等も含みます。

 

 

それらをスルー(削減・アウトソーシング)できればいいのですが、

 

往々にして“やらなければならない”状況に陥ると思います。

 

 

そんな時に参考にして頂きたいのが「バッファロー理論」です。

 

 

 

バッファロー(アメリカンバイソン)は、サバンナで前方に雨雲を発

見した場合、

 

どうすると思いますか?当然、濡れたくはないのですが・・・・

 

 

 

なんと、

 

その雨雲から逃れるように移動するのではなく、雨雲の方向に猛然と突進する

 

という習性があるらしいです。なぜでしょうか?

 

 

前方の(自分たちの方に向かってくる)雨雲に突進し、突っ切ることで、

 

雨に濡れる時間を最小化できるから、という理由らしいです。

 

 

 

面倒くさい仕事も一緒です。

 

 

 

どうせ逃げても追いかけてくるのであれば、自ら進んで取組んで(突進)しまった方が、

 

実質の苦しい時間は、短くなるのではないでしょうか。

 

 

バッファローのごとく、決断し、突進していく勇気を持ちましょう。

 

 

 

追記)

 

そして、それを“継続”させることが重要です。

 

それが難しいのですが・・・

 

併せて下記もご参考下さい(タイトルか画像をクリック)

 

努力の継続に必要な2つの〇〇感

 

1%が持つ力-点滴が石を穿つ確率-

 

Pocket