Information
Empowerment Consulting Co.,Ltd

Blog 営業支援BLOG

一流の監督は他競技から学ぶ−にわかサッカーファンの考察–

僕はスポーツ全般、結構好きなのですが、

 

にわかのサッカーファンです。

 

 

代表戦があればテレビで見て、

 

欧州ビッククラブの試合はハイライトだけ見て、

 

チャンピオンズリーグの結果を気にしつつ、

 

BE BLUES!」「アオアシ」「GIANT KILLING」といった

 

サッカー漫画を毎週楽しみにしています。

 

 

バルセロナの組織・育成論や、

 

著名な監督の人心掌握的なエピソードは

 

ビジネスの観点からも非常に面白いと思います。

 

 

そんな事前知識もあり、

 

一番戦略的(戦略性が高い)なスポーツはサッカーだ

 

となんとなく思っていました。

 

 

ところが、ちょっと違うらしいのです。

 

 

出典忘れてしまいましたが、

 

ペップ・グアルディオラ という有名な監督がいるのですが、

 

バスケ、ラグビー、アメフトの戦略を参考にし、

 

監督に話を聞きに行ったりしているらしいです。

 

 

 

 

なぜか?

 

 

理由は、それらのスポーツが「手を使うから」です。

 

 

手を使うスポーツの方が、足しか使えないサッカーよりも、

 

選手に複雑なタスクを求めることができるので、

 

結果的に戦略性が高くなるということらしいです。

 

 

つまり、戦略の進化が早く、サッカーでも参考になる、と。

 

 

スポーツにおける制約条件(この場合手が使える/使えない)の

 

有無(大小)が、戦略の複雑性・進化に影響している、とは

 

非常に面白いなぁと思います。

 

 

これらのことから、ビジネス戦略においては、

 

 

・制約条件(業界や規模、リソース)に縛られず発想してみること

 

・同業他社だけでなく、他業界、他分野の事例からも学ぼうとすること

 

 

が重要だと痛感した次第です。

 

 

我々はどうしても、

 

同業他社での成功事例を求め、それを模倣したくなります。

 

 

先進的な事例を見ても、

 

「業界違う」「規模が違う」「経営資源が違う」

 

と参考にすることを諦めてしまいます。

 

 

一流の監督が他競技から学ぶ姿勢を見習いたいと思います。

 

 

 

因みに、Amazon prime video で

 

「オール・オア・ナッシング」というシリーズがあるのですが、

 

・グアルディオラのマンチェスター・シティ編

 

・モウリーニョのトッテナム・ホットスパー編

 

がめちゃめちゃ面白いです。

 

僕はこのコンテンツで、Amazonへのロイヤルティが爆上がりです。

 

 

Amazon恐るべし、です。

 

 

Pocket